日本産業皮膚衛生協会|業務・活動案内

HOME > 業務・活動案内 > 恒温恒湿室での有用性評価試験

業務・活動案内

恒温恒湿室での有用性評価試験

1. 測定および評価項目

2. 試料
  • 香粧品
  • 医薬部外品
  • 繊維製品(第1分科会で繊維製品の保湿評価法について研究しています。)
3. 依頼内容
  • 保湿評価(長期、短期)
  • バリア機能評価
  • キメ・シワの評価
  • アンケート調査(使用試験)
  • 恒温恒湿の測定室の使用(測定機器も含む)
  • 繊維製品の皮膚に対する摩擦試験
    など

※測定項目や被験者、試験期間(使用期間)、費用などは個別対応となりますので、
  詳細については事務局にお問い合わせください。

4. 評価

【例】

ページトップへ

日本産業皮膚衛生協会 〒600-8877 京都市下京区西七条南西野町60 電話 075-312-5575・FAX 075-314-7735> 業務時間:月〜金 午前9時〜午後5時 土 午前9時〜正午