特別講演会

第2回 1973年11月16日 ホテルながやま(出席者51名)

演 題 所 属 氏 名
貼付試験について 河合皮膚科医院院長 河合享三
皮膚の構造と機能について 大津赤十字病院皮膚科部長 相模成一郎

ページトップへ  

第3回 1974年10月18日 熱海グランドホテル(出席者49名)

演 題 所 属 氏 名
皮表PHについて−特に化粧品ならびに石鹸の皮膚におよぼす影響− 京都第一赤十字病院皮膚科部長 浦上芳達
これからの中性洗剤について 奈良女子大学教授 吉川清兵衛

ページトップへ  

第4回 1975年11月8日 都ホテル(出席者65名)

演 題 所 属 氏 名
化粧品の安全性をめぐって 東邦大学医学部皮膚科助教授 石原 勝
家庭用品安全対策の動向(現状と将来) 厚生省専門衛生官 牧野利孝

ページトップへ  

第5回 1976年11月11日 鳥羽国際ホテル(出席者62名)

演 題 所 属 氏 名
繊維製品の仕上げ加工とその規制及び試験方法 通産省横浜繊維製品検査所所長 柴垣 健
皮膚障害における反応の場としての皮膚の問題 東邦大学医学部皮膚科教授 安田利顕

ページトップへ  

第6回 1977年11月15日 京都グランドホテル(出席者120名)

演 題 所 属 氏 名
外来物質による光線過敏症について 名古屋市立大学医学部皮膚科教授 水野信行
苦情処理にみる衣料品の問題点について 全国消費者保護連合理事長 東田佳典

ページトップへ  

第7回 1978年11月22日 京都グランドホテル(出席者60名)

演 題 所 属 氏 名
予測貼付試験についての考え方 河合皮膚科医院院長 河合享三
環境と皮膚 シンシナティ大学環境医学研究所教授 R.R.サスキン

ページトップへ  

第8回 1979年11月16日 京都グランドホテル(出席者85名)

演 題 所 属 氏 名
繊維製品の安全性に対する行政の動向について 通産省京都繊維製品検査所所長 鈴木音次郎
化学物質の安全性−過去・現在そして将来− 信州大学医学部皮膚科教授 高瀬吉雄

ページトップへ  

第9回 1980年10月5日 京都グランドホテル(出席者200名)

演 題 所 属 氏 名
皮膚と環境 信州大学医学部皮膚科教授 高瀬吉雄
これからの皮膚の安全性 ペンシルヴァニア大学皮膚科教授 A.Mクリグマン

ページトップへ  

第10回 1981年11月9日 京都グランドホテル(出席者50名)

演 題 所 属 氏 名
わが国におけるライフサイエンスの現状と展望 科学技術庁計画局科学調査官 松田 朗
医薬品・化粧品の変異原・発がん物質について 同志社大学工学部教授 西岡 一

ページトップへ  

第11回 1982年10月30日  京都グランドホテル(出席者100名)

演 題 所 属 氏 名
ヒト皮膚の進化論的観照 信州大学医学部皮膚科教授 高瀬吉雄
研究と独創 京都工芸繊維大学学長 福井謙一

ページトップへ  

第12回 1983年11月15日 京都グランドホテル(出席者150名)

演 題 所 属 氏 名
化粧品原料の皮膚刺激性試験法の比較研究眼瞼刺激性試験法 花王石鹸(株)栃木研究所 中村和博
病理組織判定結果 名古屋大学医学部第一病理 原 一夫
まとめ ポーラ化成工業(株)研究所 伊藤勝利
アレルギー性接触皮膚炎研究を顧みて 大阪回生病院皮膚科部長 須貝哲郎
土器からファインセラミックスまで 京都工芸繊維大学工芸部長 奥田 進

ページトップへ  

第13回 1984年11月16日 京都グランドホテル(出席者80名)

演 題 所 属 氏 名
中国における化粧品の現状について 日本産業皮膚衛生協会会長 河合享三
布の風合いとその客観評価法の開発 京都大学工学部教授 川端季雄
GLPと化粧品の安全性について 厚生省薬務局審査課課長補佐 渡辺 徹

ページトップへ  

第14回 1985年11月15日 京都グランドホテル(出席者64名)

演 題 所 属 氏 名
動きの美−その実態と虚構 東京芸術大学美術解剖学教室主任教授 中尾喜保
ミドルロード病院(シンガポール)における2カ月間 大阪大学医学部皮膚科 小塚雄民
日本人の意識の在り方 京都大学教育学部教授 河合隼雄

ページトップへ  

第15回 1986年5月16日 京都グランドホテル(出席者120名)

演 題 所 属 氏 名
人生観と経営 京セラ(株)取締役社長 稲盛和夫

ページトップへ  

第16回 1987年5月19日 京都グランドホテル(出席者112名)

演 題 所 属 氏 名
私の歩んだ道 (株)ワコール会長 塚本幸一

ページトップへ  

第17回 1988年5月17日 京都グランドホテル(出席者89名)

演 題 所 属 氏 名
アメリカ時代の終わり? 京都大学法学部教授 高坂正尭

ページトップへ  

第18回 1989年5月17日 京都グランドホテル(出席者95名)

演 題 所 属 氏 名
これからの社会と技術の在り方 経済評論家 内橋克人

ページトップへ  

第19回 1990年5月17日 京都グランドホテル(出席者260名)

演 題 所 属 氏 名
世界の中の日本 京都大学東南アジア研究センター所長 矢野 暢

ページトップへ  

第20回 1991年5月17日 京都グランドホテル(出席者82名)

演 題 所 属 氏 名
アレルギー性皮膚疾患 最近の話題
—アトピー性皮膚炎蕁麻疹を中心にー
長崎大学医学部皮膚科教授 吉田彦太郎

ページトップへ  

第21回 1992年5月13日 京都グランドホテル(出席者80名)

演 題 所 属 氏 名
1992年度の経済見通し 東海銀行常務取締役調査部長 水谷研治

ページトップへ  

第22回 1993年5月11日 京都グランドホテル(出席者124名)

演 題 所 属 氏 名
化学物質の環境影響評価方法ーOECDにおける検討を中心としてー (財)化学品検査協会企画管理部長 北野 大

ページトップへ  

第23回 1994年5月19日 京都グランドホテル(出席者103名)

演 題 所 属 氏 名
分からないこと、判ること 京都大学法学部教授 高坂正尭
私のアイデア発想法 内外テクニカ(株)代表取締役社長 岩見宜春

ページトップへ  

第24回 1995年5月16日 京都グランドホテル(出席者88名)

演 題 所 属 氏 名
どうなるこれからの日本 上智大学文学部教授 渡部昇一
二十世紀末の気付き イタリヤード(株)代表取締役 北村陽次郎

ページトップへ  

第25回 1994年5月9日 京都グランドホテル(出席者113名)

演 題 所 属 氏 名
世の中無茶では通らぬー日本人とお茶あれこれー (株)井六園代表取締役社長 井上六平
おもしろおかしく (株)堀場製作所取締役会長 堀場雅夫

ページトップへ  

第26回 1997年5月13日 リーガロイヤルホテル京都(旧京都グランドホテル)(出席者95名)

演 題 所 属 氏 名
マネキン事業のノウハウを生かしてテーマパークへの取り組みーハウステンボス、スペイン村等に参画してー (株)ヤマトマネキン代表取締役 永井啓之
日本の構造改革ーその方向と手順ー (株)野村総合研究所主任エコノミスト 植草一秀

ページトップへ  

第27回 1998年5月21日 リーガロイヤルホテル京都(出席者96名)

演 題 所 属 氏 名
自動車と環境—ハイブリッドカー プリウスの開発ー トヨタ自動車(株)環境部担当部長 小島文毅
超(スーパー)システムとしての生命 ー現代の分子生物学・免疫学からみた生命観の広がりについてー 東京理科大学生命科学研究所長 多田富雄

ページトップへ  

第28回 1999年5月20日 リーガロイヤルホテル京都(出席者109名)

演 題 所 属 氏 名
中国文化と日本文化の違いについて 京都大学大学院経済研究科博士課程 陳 力陽
グローバル化の実際 ーアメリカから見た日本ー 中央監査法人代表社員 松永幸廣
アトピー性皮膚炎とスキンケア 京都大学大学院医学研究科教授 宮地良樹

ページトップへ  

第29回 2000年5月18日 リーガロイヤルホテル京都(出席者230名)

演 題 所 属 氏 名
21世紀の科学と文化 山口大学学長 広中平祐
21世紀のものづくり 通産省生活産業局繊維企画 立石譲二

ページトップへ  

第30回 2001年5月24日 リーガロイヤルホテル京都(出席者77名)

演 題 所 属 氏 名
企業を危機から守るクライシス・コミュニケーションー危機管理体制をどう構築するかー (株)電通パブリックリレーションズ 田中正博
バイオテクノロジーで拓く未来 宝酒造(株) 加藤郁之進

ページトップへ  

第31回 2002年5月23日 リーガロイヤルホテル京都(出席者80名)

演 題 所 属 氏 名
日用品の安全性確保:健康被害の原因究明と情報伝達 国立医療品食品衛生研究所 鹿庭正昭
日本の安全保障政策の現状とあるべき姿 民主党幹事長代理 衆議院議員 前原誠司

ページトップへ  

第32回 2003年5月20日 リーガロイヤルホテル京都(出席者78名)

演 題 所 属 氏 名
毒性・光感作性試験の現況とその問題点 産業医科大学医学部皮膚科教授 戸倉新樹
かゆみをめぐる最近の話題 京都大学大学院医学研究科皮膚科学教授 宮地良樹

ページトップへ  

第33回 2004年5月27日 リーガロイヤルホテル京都(出席者71名)

演 題 所 属 氏 名
日本は生れ変わるのか 京都商工会議所会頭 村田純一
太陽光と皮膚 神戸大学大学院医学系研究科教授 錦織千佳子

ページトップへ  

第34回 2005年5月19日 リーガロイヤルホテル京都(出席者74名)

演 題 所 属 氏 名
ヒトパッチテストによる皮膚刺激性評価について 医療法人社団河合医院院長 河合敬一
接触蕁麻疹症候群:ラテックスアレルギーと化粧品によるアナフィラキシー 藤田保健衛生大学医学部皮膚科教授 松永佳世子
技術移転(Techno Interface)に関与して サンスター(株)顧問 山野正博

ページトップへ  

第35回 2006年5月18日 リーガロイヤルホテル京都(出席者80名)

演 題 所 属 氏 名
顔と心と体について (有)かづきれいこ(フェイシャルセラピスト) かづきれいこ
セリシンの機能と用途開発 広島大学大学院生物圏科学研究科教授 加藤範久

ページトップへ  

第36回 2007年5月24日 リーガロイヤルホテル京都(出席者57名)

演 題 所 属 氏 名
中性子散乱法による生体構造の観察 高エネルギー加速器研究機構特任教授 内藤幸雄
雑学に学ぶ 日皮協会長 河合享三

ページトップへ  

第37回 2008年5月29日 リーガロイヤルホテル京都(出席者67名)

演 題 所 属 氏 名
アロマテラピーの現場:10年の動き (有)ケイズケア代表取締役 ケイ武居
ニキビ研究、そして幹細胞研究へ 藤田保健衛生大学医学部教授 赤松浩彦

ページトップへ  

第38回 2009年5月19日 リーガロイヤルホテル京都(出席者53名)

演 題 所 属 氏 名
経営とは変化創造業なり ワタベウェディング(株)会長 渡部隆夫
アレルギ—性皮膚疾患と環境因子 大阪大学大学院教授 片山一朗

ページトップへ  

第39回 2010年5月27日 リーガロイヤルホテル京都(出席者114名)

創立40周年記念講演
演 題 所 属 氏 名
50年間を頑固にブレることなく歩んだ一本道を振り返って 日本産業皮膚衛生協会会長 河合享三
ここまでわかった皮膚免疫学:免疫細胞の活躍を可視化し、アレルギ—発症メカニズムを考える 京都大学大学院医学研究科皮膚科学准教授 椛島健治
人は何のために生きるのか 京セラ(株)名誉会長 稲盛和夫

ページトップへ  

第40回 2011年5月20日 リーガロイヤルホテル京都(出席者53名)

演 題 所 属 氏 名
天然保湿因子(NMF)産生のプロテアーゼ・カスケード (株)資生堂リサーチセンター参与 日比野利彦
夢の繊維「クモ糸」の人工合成 スパイバー(株)代表取締役 関山和秀

ページトップへ  

第41回 2012年5月18日 リーガロイヤルホテル京都(出席者79名)

演 題 所 属 氏 名
伝統産業からクリエイティブ産業へ (株)細尾代表取締役社長 細尾真生
化粧品はどこまで安全か〜茶のしずく石鹸等に含まれた加水分解コムギ(グルパール®19S)による即時型コムギアレルギ—からわかったこと〜 藤田保健衛生大学教授 松永佳世子

ページトップへ  

第42回 2013年5月23日 リーガロイヤルホテル京都(出席者50名)

演 題 所 属 氏 名
日本の化粧品産業のグローバル化について 日本化粧品工業連合会 三谷光正
先端繊維による技術革新〜ヘルスケア分野を中心に〜 日本化学繊維協会 大松沢明宏

ページトップへ  

第43回 2014年5月29日 リーガロイヤルホテル京都(出席者67名)

演 題 所 属 氏 名
皮膚に適用した化学物質の安全性と経皮吸収 城西大学薬学部教授 杉林堅次
Irritation testは永久に不可欠。その中における河合法の重要性 中山皮膚科クリニック 中山秀夫

ページトップへ  

第44回 2015年5月13日 リーガロイヤルホテル京都(出席者49名)

演 題 所 属 氏 名
1、植物の香り成分をツールとしたコミュニケーション 京都大学生存圏研究所森林圏遺伝子統御分野教授 矢崎 一史
2、食物アレルギー発症における経皮感作 島根大学 医学部皮膚科教授 森田 栄伸

ページトップへ  

第45回 2016年5月24日 ホテルグランヴィア京都(出席者52名)

演 題 所 属 氏 名
最新マーケティングのご紹介
〜仕掛ける広報PR 手法/マーケティングPR のススメ〜
井上戦略PR コンサルティング事務所 代表 井上 岳久
ヤスデゴケ類の皮膚炎から蘚苔類生物活性成分研究への展開 徳島文理大学 薬学部 教授、同大学 生薬研究所 所長 浅川 義範

ページトップへ  

第46回 2017年5月30日 リーガロイヤルホテル京都(出席者49名)

演 題 所 属 氏 名
全ての産業にチャンスのあるインバウンドビジネスと将来の展望 株式会社やまとごころ 代表取締役 村山 慶輔
小胞体ストレスと疾患 京都大学大学院理学研究科 教授 森 和俊

ページトップへ